2010年12月17日

スミソニアン博物館の検閲に対する反発が拡大!

NEWSgristは2010年12月17日に、ArtPositive (Art+)がハンター・レイノルド(Hunter Reynolds)に感謝すると共に、2010年12月19日日曜日に「Museum Mile」として、スミソニアン博物館のCensorshipに対して抗議をするため、「Fire in My Belly Action Kit」として、3種類のポスターやチラシを公開し、スミソニアンに進軍すると報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がカトリック教徒のグループからのメージが神聖冒涜であるという苦情の後に、曜日の展示品の一部であったビデオ「A Fire in My Belly,」に対し、イすばやくビデオを取り外したことに対する検閲について、異議を申し立てるため、ArtPositive (Art+)がオーガナイザーが、ニューヨーカー(New Yorkers)を通して、2010年12月19日日曜日にメトロポリタン美術館と、ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がある第91通りのクーパー-ヒューイット(Cooper-Hewitt on 91st Street)に集まって、抗議集会を開催すると報告した。

アートの神髄も理解できないスミソニアン学術協会が、ナショナル・ポートレート・ギャラリーを運営していることが問題になり始めた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告