gaYa広告

2010年12月17日

スミソニアン博物館の検閲に対する反発が拡大!

NEWSgristは2010年12月17日に、ArtPositive (Art+)がハンター・レイノルド(Hunter Reynolds)に感謝すると共に、2010年12月19日日曜日に「Museum Mile」として、スミソニアン博物館のCensorshipに対して抗議をするため、「Fire in My Belly Action Kit」として、3種類のポスターやチラシを公開し、スミソニアンに進軍すると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がカトリック教徒のグループからのメージが神聖冒涜であるという苦情の後に、曜日の展示品の一部であったビデオ「A Fire in My Belly,」に対し、イすばやくビデオを取り外したことに対する検閲について、異議を申し立てるため、ArtPositive (Art+)がオーガナイザーが、ニューヨーカー(New Yorkers)を通して、2010年12月19日日曜日にメトロポリタン美術館と、ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がある第91通りのクーパー-ヒューイット(Cooper-Hewitt on 91st Street)に集まって、抗議集会を開催すると報告した。

アートの神髄も理解できないスミソニアン学術協会が、ナショナル・ポートレート・ギャラリーを運営していることが問題になり始めた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告