2010年12月17日

スミソニアン博物館の検閲に対する反発が拡大!

NEWSgristは2010年12月17日に、ArtPositive (Art+)がハンター・レイノルド(Hunter Reynolds)に感謝すると共に、2010年12月19日日曜日に「Museum Mile」として、スミソニアン博物館のCensorshipに対して抗議をするため、「Fire in My Belly Action Kit」として、3種類のポスターやチラシを公開し、スミソニアンに進軍すると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がカトリック教徒のグループからのメージが神聖冒涜であるという苦情の後に、曜日の展示品の一部であったビデオ「A Fire in My Belly,」に対し、イすばやくビデオを取り外したことに対する検閲について、異議を申し立てるため、ArtPositive (Art+)がオーガナイザーが、ニューヨーカー(New Yorkers)を通して、2010年12月19日日曜日にメトロポリタン美術館と、ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がある第91通りのクーパー-ヒューイット(Cooper-Hewitt on 91st Street)に集まって、抗議集会を開催すると報告した。

アートの神髄も理解できないスミソニアン学術協会が、ナショナル・ポートレート・ギャラリーを運営していることが問題になり始めた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告