on-the-time.jp

2010年12月17日

スミソニアン博物館の検閲に対する反発が拡大!

NEWSgristは2010年12月17日に、ArtPositive (Art+)がハンター・レイノルド(Hunter Reynolds)に感謝すると共に、2010年12月19日日曜日に「Museum Mile」として、スミソニアン博物館のCensorshipに対して抗議をするため、「Fire in My Belly Action Kit」として、3種類のポスターやチラシを公開し、スミソニアンに進軍すると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がカトリック教徒のグループからのメージが神聖冒涜であるという苦情の後に、曜日の展示品の一部であったビデオ「A Fire in My Belly,」に対し、イすばやくビデオを取り外したことに対する検閲について、異議を申し立てるため、ArtPositive (Art+)がオーガナイザーが、ニューヨーカー(New Yorkers)を通して、2010年12月19日日曜日にメトロポリタン美術館と、ワシントン, D.C(Washington, D.C.)にあるスミソニアン学術協会(Smithsonian Institution)のナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がある第91通りのクーパー-ヒューイット(Cooper-Hewitt on 91st Street)に集まって、抗議集会を開催すると報告した。

アートの神髄も理解できないスミソニアン学術協会が、ナショナル・ポートレート・ギャラリーを運営していることが問題になり始めた。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告