2010-12-03

現代の天国で、カーニバルが始まった!

AFPは2010年12月04日に、アフリカ系ウルグアイ人が19世紀に作った太鼓を基にした、「カンドンベの日(Candombe National Day)」を祝う民族音楽祭り「カンドンベ(Candombe)」が2010年12月03日にオープンし、街中でカーニバルとして、多くが踊りに参加しているたと報告した。

「カンドンベ」はアルゼンチン、ブラジル、さらにはアフリカにも逆輸入されて世界に広がり、人類の無形文化遺産としてユネスコによって承認されている。
今では、「カンドンベ」がウルグアイのアイデンティティとして、ユニークな特徴になっている。

アルゼンチンでは、腰をアクセントにし、ウルグアイでは肩をアクセントに添え、少しずつ地域によって違いが出ている。

もっとも有名なカーニバル「カンドンベ」はモンテビデオ(Montevideo)で開催され、それは19世紀に始まったと言われている。

何となく、ウルグアイの阿波踊りのような感じがする。

ただし、さすが南米!
阿波踊りより、ず〜っと色っぽい!

「カンドンベ」と言う書体まである。

何となく、踊りたくなる。

ウルグアイの永住権は、US$650(4万7255円)の月収を立証するだけでくれる!

その他に、「彼らは善行証と出生証明書も必要とする。」

日本の最低年金でも、ウルグアイは生活可能な安全な国であった。

自国での低所得者が、リッチになれる国であった。

ウルグアイは、預金が数100万円あって、年金が5万円以上あれば、揺ったり余生を楽しめる国であった。

まさに、天国のような国のカーニバルである。

サッカーも強い!
ワールドカップが開催されるブラジルにも近い!
UFOまでやって来る。

こんな国は、結構日本の近くにもある。

2010-10-03

モンテビデオ(Montevideo)のGoogle Earthポインター情報
34°52'60.00"S,56°10'0.00"W
または、
-34.883333, -56.166667

Related Dates