on-the-time.jp

2010年12月03日

ノーベル受賞者、劉暁波の解放で、中国に向け大合唱!

BBC Newsは2010年12月05日に、2010年12月03日金曜日のノーベル平和賞を彼に与える前に、大司教のデズモンド・ツツ(Desmond Tutu)と元チェコの大統領バツラフ・ハベル(former Czech President Vaclav Havel)は、中国が意見の異なったノーベル平和賞受賞者リュウ・イクソボ(劉暁波/Liu Xiaobo)を釈放するよう呼びかけたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2人は、劉暁波が「中国政府の不寛容で悲しい象徴的である」と言った。

彼らは、中国が人権を制限し続けていたなら、世界のリーダーとして真実性を失う危険を冒したと言った。

中国は、民主主義の活動家リュウ・イクソボ(劉暁波/Liu Xiaobo)を犯罪者であると言った。

イギリスの新聞Observerで、南アフリカ共和国の住民の大司教で、ノーベル平和賞受賞者デズモンド・ツツは、
「彼は13億人のただの1人ですが、今年のノーベル平和賞受賞者劉暁波博士は個々の表現への中国政府の不寛容で悲しい象徴的です。」
彼らが中国の経済発展を称賛した近年にもかかわらず、前述で、「中国が本当のリーダーとして国際社会の中で見なされるつもりであるなら、それ自身の境界の中で異議を押しつぶす虐待的な政権と残忍な力のサポートは、かなりの改革が必要であることを示します。」と言った。

また、他国で市民の権利に違反するので、「世界中の残忍な独裁政権を甘やかして、支持する」と言って、彼らは中国を起訴しました。

北京はグローバルなプレーヤーとしてそれ自体について断言することをますます切望しているが、政策のどんな批評への「極限感度」も家で自信のなさを見せた、と言った。

「信用の不足は、結局、人々でさらに政府の真実性をひそかに害するのに役立つだけです。」と言っている。

劉暁波の妻リュウ・シャー(劉霞/Liu Xia)は北京で、事実上の軟禁状態である。

賞が式典でUS$140万が引き渡されるかどうかが、不明瞭である。

中国は、10月に賞を彼に与えるために荒々しくノーベル賞委員会の決定に反応した。
北京は、それが「賞の本質の完全な違反と平和賞への侮辱」であったと言って、ノルウェーとの結びつきを破壊した。
中国は、オスロの金曜日の式典をボイコットするよう他国からの大使に促した。

大司教のデズモンド・ツツは、人権を促進して、保護する義務を迎え入れて、中国には世界のリーダーとして「新しい方針を立てるめったにないチャンス」が今やあったと言った。

「その第一歩は、金曜日のノーベル平和賞授賞式の前に、劉暁波と彼の妻の無条件の解放であるに違いありません。」と言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト