gaYa広告

2010年12月03日

カトリック教徒リーグ・プレジデントの誤解と侮辱!?

AP通信が2010年11月30日に、スミソニアンのナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)がカトリック教徒のグループから火曜日の展示品の一部であったビデオ「A Fire in My Belly,」に対し、イメージが神聖冒涜であるという苦情の後に、すばやくビデオを取り外したと報告した情報について、NEWSgristが2010年12月01日に、「Blake Gopnik: Museums shouldn't bow to censorship of any kind」を公開し、2010年12月03日
に追加情報として、「PPOW Issues Press Release: David Wojnarowicz - Smithsonian, National Portrait Gallery - A Fire in My Belly」を公開した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ビデオもYouTubeで条件付きで公開され、その画像を公開し、PPOWのプレスリリースを紹介した。

ギャラリーPPOWは、アーティストのデビッド・ボジャノロビッツ(David Wojnarowicz)が1992年に死去するまで、1988年から深い関係を持っていた。

そして、ギャラリーPPOWは、デビッド・ボジャノロビッツの遺作である作品の管理もしている。

ギャラリーは、彼のオリジナルの意志を照らすために芸術家の言葉を提供したがっていると報告した。

1989年のインタビューでデビッド・ボジャノロビッツは、彼の仕事における象徴的なイメージとして動物の役割について、「動物は私たちに、自分達を人間の活動に関して見させないことが、あるであるものを見させます。」と話した。

「コイン、時計、銃、キリスト図、およびそのすべてがメキシコでは、アリの世界の社会構造で私たちのものに平行であったので、私は社会に比喩としてアリを使用しました。」と言っている。

カトリック教徒リーグ(Catholic League)のプレジデントであるウィリアム・ドナヒュー(William Donahue)による「A Fire in My Belly」の取り外しのための呼び出しは、この仕事に対する彼の誤解にで基づいている。

この声明は行動主義に人生を捧げたデビッド・ボジャノロビッツの遺産と芸術共同体を侮辱していると報告した。

つまり、勉強もしないで、見た目だけで判断したことが誤解をし、侮辱をした。

デビッド・ボジャノロビッツの作品は、「the Museum of Modern Art, NY」「The Whitney Museum」「The Library of Congress」「The New York Public Library」「The San Francisco Museum of Modern Art」「The Reina Sofia in Madrid」「Museum Ludwig in Cologne」「the Tokyo Metropolitan Museum of Photography」などでコレクションされていると言っている。

もっとも、ここ一連のWikiLeaksに対する米国の攻撃は、反省するのではなく、まるでキリストをゴルゴダの丘で処刑したがっていた祭司長カヤバとバリサイ派、律法学者などと同じである。

カトリック教徒リーグのプレジデントであるウィリアム・ドナヒューまでが、キリストを殺したがっていた側なのかもしれない。

それでは、米国の聖書に何が書いてあるのかも知らないのかもしれない。

まず、すべての米国人は、聖書を読むことからやり直すべきと言える。

PayPalもWikiLeaksに対する攻撃を始めた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。