gaYa広告

2010年12月03日

スペインの航空管制官が、突然ストライキ!

BBC Newsは、スペインの航空管制官が公言なしで、病気を理由にして突然病欠ストライキを決行し、スペインの領空が大混乱していると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

スペインの空港当局Aenaとの論争で何時間も過ぎた状況の中で決行し、航空乗客だけではなく、スペイン空軍までが被害を受けている。

スペイン政府は、管理がが戻って、働くことがないとスペイン軍が領空を制御すると言った。

もっとも影響を受けたのは、スペインで最も忙しいマドリードのバラジャス空港(Barajas airport)であった。

民間管制塔が集団で病欠を知らせた後に、スペイン政府は、航空管制をスペイン軍が管理すると公表した。

スペイン中のいくつかの空港が管制塔の権限のないストライキの後に、空港が閉められ、政府によってスペイン軍管理が認可された。

スペインの領空の大部分はストライキが始まった後に、閉じられ、その状況が続いている。

金曜日早く、スペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ(Spanish Prime Minister Jose Luis Rodriguez Zapatero)の政府は、コントローラが受容できないストライキを取りやめない場合、軍が国の領空の計画、指揮、およびコントロールを引き継ぐと警告した。

また、スペインの運輸大臣ホセ・ブランコ(Spanish Transport Minister Jose Blanco)は、 「私たちはこのゆすりを許すつもりではありません。ゆすりは人質として市民を使用しています。」と言って、ストライキを非難した。

現地時間の17:00時(グリニッジ標準時16:00)に始まり、アンダルシアの南領域を除いて、スペインの領空の約90%を閉鎖した。

Aenaは、行為が無責任であると言って、コントローラに対して処罰行為を取ると脅かした。

イベリアは2010年12月04日土曜日のグリニッジ標準時10:00までに、スペイン空港からのすべてのフライトを中止した。

航空管制官が、病欠ストライキとは、スペインも困った国になった。

マドリードのバラジャス空港(Barajas airport)のGoogle Earthポインター情報
40°29'36.07"N,3°34'1.69"W
または、
40.493353, -3.567136

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト