2010年11月15日

火星の噴火。

NASAは、元々2007年5月30日に公開され、火星の巨大なシールド火山(shield volcanoes/楯状火山)のうちの1つの端にあった、小さな円錐に集中した画像を公開した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

円錐は何層かの硬い岩を示しているが、それの大部分だけが比較的軟質の材料で作られている。

これは、小さな火山噴火の間に空気に放り込まれた溶岩の部分から成る「燃え殻」円錐の例であるように見える。

一般的に、そのような噴火は、熱した溶岩の泉を作る。

溶岩岩石のゆるい山を作って、溶岩の大部分はこの噴水で冷えたと考えられる。

しかし、噴火の若干の脈が溶岩を冷やさないで落着したように見える。

これらの断片は今日固い層を見させるために溶接するほど熱かった。

円錐の大きさは、約2,300×3,600フィート(は700×1,100m)で、地球で多く見られる噴石丘と類似している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト