gaYa広告

2010年11月15日

Googleが、支払いツール内蔵携帯電話を開発中!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、チップで動作するGoogleの携帯電話が、クレジットカードに取って代わるのを助けることができるモバイル・ソフトウェアの更新をしていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

このソフトウェアがボーダフォン(Vodafone)、テレフォニカ(Telefonica)、フランステレコム(France Telecom)、およびドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)が展開しているモバイル・マネーとどう関係するのか注目に値する。

もし、携帯電話事業者と関係なく、グローバル・モバイル・マネーを実現可能にすると、全世界のモバイル・マネーを環境がひっくり返る可能性がある。

そして、それは可能なことであり、何故今まで、だれもそこに手を出さないのか不思議であった。

Googleはゲームを変更させる携帯電話として、最終的にデバイスがクレジットカードと取り変わることを可能にすることができる内蔵の決済システムを含むように設計するように取り替えている。

Googleの最高経営責任者エリック・シュミット(Eric Schmidt)は2010年11月15日月曜日に、サンフランシスコで毎年行われる技術会議「Web 2.0サミット(Web 2.0 summit)」で舞台に立ったとき、新しい携帯電話は、簡潔なプレビューを実施したと言っている。

エリック・シュミットは、Googleが支払い加工道具を含んでいる精巧な新しいコンピュータ・チップとAndroidのモバイル・オペレーティング・システムのアップグレードに取り組んでいると確認した。

彼はデバイスの名前とメーカーを隠していて新しい携帯電話を見せ、いくつかの技術Webサイトで、新しい携帯電話が「Nexus S」と呼ばれて、サムソン電子社(Samsung Electronics Co.)によって製造されると推測されたと言っている。

シュミットは、「Nexus S」に関するレポートを断った。

彼は、「Gingerbread」と呼ばれるAndroidソフトウェアのアップグレードしたバージョンを備えた新しい携帯電話がこの数週間以内に市場に投入されることを示した。

ボーダフォン、テレフォニカ、フランステレコム、およびドイツ・テレコムが、モバイル・マネーで大きく動き始めるのが遅れたのかもしれない。

わたしは、何をびびって、もたもたしているのかと考えていた。

また、Microsoftは、Excel、Word、PowerPint、Xboxなど、過去の遺産に期待しすぎてきた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト