on-the-time.jp

2010年11月15日

ニューデリーのビル崩落で、61人が死亡。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年11月16日に、貧しいニューデリー近郊のコンクリートでできた4階建てのアパートが崩落し、救助隊員が素手で大ハンマーを振るって、瓦礫から生存者を救出していると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

このビル崩壊で、少なくとも61人が死亡したと報告している。

以前、タイのデパートが崩壊し、韓国でもデパートが崩壊している。
知人がカンボジアでビルを建築したとき、カンボジアでビルは日本のビルの半額以下で建設できるが、いつ崩壊するかは判らないと言っていた。

また、ネパールでは煉瓦をセメンのでくっつけただけで、7階建ての鉄筋が入っていないビルもある。

凭れているでけで、壁が崩れて落ちるかもしれないと感じたこともあった。

写真で見る限り、隣のビルはインドでモダンな建築物である。

月曜日の晩にニューデリーの混雑しているラチタ・パーク(Lalita Park)領域で、ほとんど出稼ぎ労働者と彼らの家族が住んでいた約200人を収容する建築後15年のビルが崩れた。

多くの乗り物が近所の狭い路地にあり、そこに救助隊をナビゲートするのに苦労したので、非常時の努力は妨げられた。

ニューデリーの最高公選職シェイラ・ディクスキッド(Sheila Dikshit)は、約30人が瓦礫の下でまだ生き埋めになっていると言っている。

都市の警察官モハメッド・アクラック(Mohammed Akhlaq)は、警察と救助作業者が遺体を瓦礫から引き出し、死亡者数は61人に達し、78人が負傷していると言っている。

また、崩壊という危険がある隣接するビルから、住民が避難した。

崩壊の原因はすぐに明らかにならなかったが、1人の職員は、ビルが水害の次の雨季に降る雨によって弱められたかもしれないと言っている。

警察は、ビルの所有者アーミット・シン(Amrit Singh)を逮捕したと言っている。

ラチタ・パーク(Lalita Park)のGoogle Earthポインター情報
28°37'49.94"N,77°16'26.11"E
または、
28.630539, 77.273919

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。