2010年11月15日

レーベジェフは、不正と戦うためにジャーナリズム資金を誓約。

イギリスのプレス・ガジェット(Press Gazette)は、「The Independent」と「The London Evening Standard」のオーナーであるアレクサンダー・レーベジェフ(Alexander Lebedev)が日曜日の夜に、彼が大規模な不正でありそうな発生に対して、ジャーナリスティック調査を融資するために基金を設ける計画をしていたと言ったと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

アレクサンダー・レーベジェフは、来年元ロシアの首相ミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Gorbachev)が80回目の誕生日を迎えるお祝いするためとのパートナーシップ・シリーズの一部として、調査ジャーナリズムに捧げられた基礎を作成すると考えていたと言った。

彼は、ミハイル・ゴルバチョフによるモスクワの新聞「Novaya Gazetta」の共同所有権を持っている。

新聞ボスになった元KGBの役員は、ジャーナリストがロシアとほかの場所で「グローバルなスケールにおける不正」を露出させることを助けると約束した。

アレクサンダー・レーベジェフは、その基礎が、一連の交付金と賞を通して世界中の調査ジャーナリズムを設立する機構をサポートすることを目指すと言い、そして、始動は特に手間がかかった調査を行うことを目指す。

彼は、「私たちのかかわり合いは、賞の形で調査ジャーナリストを支持するためにあって、調査のための話題で、米国のPropublica、Investigative Journalismのために、その対象を焦点を合わせるロンドンのセンターが多数あるように新聞と団体にお金を与えることで、基金に興味を持っているでしょう。」と言ったと報告した。

これは一種の読売新聞正当化にもつながる。
何故なら、日就社の読売新聞社が経営難であったことから、前警視庁警務部長であった正力松太郎が、1924年2月5日に読売新聞社を買収した。

つまり、元警察官僚が新聞を発行することと、元KGBの役員が新聞を発行し、不正をただそうとすることに似ている。

また、何が不正なのかを明確にしないのも共に似ている。

ただし、そこには非常に危険な臭いもする。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。