AD SPACE

2010-11-03

夜にキセノンライトで輝くディスカバリー。

NASAは、回転式整備塔の取消しに続いて、キセノンライトはLaunch Pad 39Aでスペースシャトル・ディスカバリー(shuttle Discovery)を照らしたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

スペースシャトル最後の打ち上げを待つが、それは最後の構造と気象状況のチェックを必要としている。

STS-133任務として、国際宇宙ステーションへのディスカバリーの打ち上げは2010年11月5日に設定されていたが、延期された。

11日間の任務の間、ディスカバリーと6人の乗員が、「Robonaut2」と同様に供給と緊急予備部品の部品で梱包されたPermanent Multipurpose Moduleを軌道に乗っている実験室に届ける。

この任務に続く、39番目の任務を飛ばすとき、ディスカバリーは退職している予定になっている。
これは、133番目のスペースシャトル計画任務であり、宇宙ステーションへの35回目のシャトル船旅になる。

Image Credit: NASA/Troy Cryder

そして、朝を迎えた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.