on-the-time.jp

2010年11月03日

ブッシュマンのダイヤモンド・ボイコット。

BBC Newsは、ボツワナ政府は「プロパガンダ」としてボツワナに住むブッシュマン(Basarwa Bushmen)の処理で、国際サ−ベランス(Survival International)でダイヤモンドをボイコットするという要求を廃棄したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

運動組織は、当局がカラハリ砂漠の彼らの先祖の土地から、ボツワナ政府がダイヤモンドの採掘で、不法に強制的に道をあけさせたと訴えた。

環境相はBBC Newsに、「民族全体を犠牲にして、資金カンパには生存があります。」と言っている。

キツオ・モカイラ(Kitso Mokaila)は、ダイヤモンドが問題ではなく、ボツワナの福祉で問題があると言っている。

国際生存は、新しい解決キャンプで利用可能なサービスが、2002年にボツワナ政府に追い出された前カラハリ・ゲーム・リザーブ(Kalahari Game Reserve)で利用可能であったと言っている。

国際サ−ベランスのディレクターであるスティーブン・コリー(Stephen Corry)はBBCに、
「ボツワナの政府が、彼らを三流の市民のように扱うのを止めて、事実上、彼らに対する一種の新植民地主義者態度であることを止めることになっています。」と言っている。

運動組織は、政府が4年前のブッシュマンがカラハリ・ゲーム・リザーブから不法に追い出されたと裁決した裁判例を無視していたと言い足した。

しかし、ツオ・モカイラは、判断が論争を解決していなくて、裁判官が双方を交渉のテーブルに押し戻したと言った。

彼は、ボツワナ・センターが人権と他の非政府機構のために実現させたこれらの会談が、まだ先へ進んでいたと言った。

そうか〜
文化生活を受け入れさせるためと言って、ブッシュマンをカラハリ砂漠から追い出し、そこに実はダイヤモンドが隠されていた!

ブッシュマンにとって、ダイヤモンドは石ころだった。

ボツワナ(Botswana)のGoogle Earthポインター情報
22°19'42.51"S,24°41'5.52"E
または、
-22.328475, 24.684867

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告