gaYa広告

2010年11月03日

ジャーナリストをスパイさせたフランス大統領サルコジを起訴!

イギリスの新聞インディペンデント(The Independent)は2010年11月04日に、個人的に厄介なフランスのジャーナリストを見張るのにセキュリティー・サービスを使用したとして、フランス大統領ニコラス・サルコジ(President Nicolas Sarkozy)を2010年11月03日水曜日に起訴したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

訴えは、エリゼー宮(Elysee Palace)によって退けられた、9月に起こされる注目を集めた訴訟に続き、ここ数週間にフランスで最も名門の新聞社と事件記者の家の一連の強盗は、「全くおかしい」と言っている。

皮肉な週刊誌「Le Canard Enchaine」によると、サルコジ大統領は、定期的に政府を当惑させる記事を書くすべてのジャーナリスト源も調査して、発見するようフランスの国内保安サービス(internal security service)のボスに命令した。

指示された新聞を調査するために、イギリスのMI5とロンドン警視庁公安課を一緒にしたようなDCRI(Division Centrale du Renseignement Interieur)のエージェントのチームが作られた。

週刊誌「Le Canard Enchaine」は、1年前からサルコジのアポイントメントで、忠実な支持者のトップと共に、DCRIのバーナード・スクアリッチ(Bernard Squarcini)が時折「個人的に」介入していたと言った。

大統領と彼の友人を当惑させた調査記事を見たときは、彼はいつも、ジャーナリストを「監視」するように命令した、と新聞は言っている。

DCRIの中のソースは、ル・モンド(Le Monde)によって「反漏出」チームが「国家安全を保護」するために対情報エージェントの中に存在したことが確認された。

週刊誌「Le Canard Enchaine」に関して、異常に大統領に対するクレームを書く記事は、新聞エディタのクロード・アンジェリ(Claude Angeli)によってサインされた。

権力を持つと、ほとんどの人間は、自分への攻撃を異常なほど気にし始め、間違った権力の行使をする。

中にはそれほどの権力でないにもかかわらず、自分が権力者と勘違いし、攻撃するピエロのような滑稽な馬鹿もいる。

そういえば、サルコジ大統領はいつも何かに怯えているようにも感じる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告