AD SPACE

2010-11-03

Fitch、ヨーロッパの電気通信セクターのM&Aはハイリスク!

Cellular-Newsは、フィッチ・レーティング(Fitch Ratings)はヨーロッパ電気通信セクターが、次の3年間でM&Aがハイリスクに直面するといい、それはドット・コム・バブルのピーク以来、基本的な戦略的問題が2000年より高いかもしれないと言っていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

FitchのEMEA電気通信チーム専務理事のマイケル・ダンニング(Michael Dunning)は、
「ヨーロッパの電気通信セクターは、過去20年間認可と規制制度の断片化している本質を反映しながら、ユニークな方法で発展しています。」
「ヨーロッパには、今、その結果として、人口サイズに比例してあまりに多くの通信会社があり、そして事業シェアの停滞している状態で、更なる強化が必然に見えます。」と言っている。

Fitchは、M&Aのための最も大きい見込みが、ほとんどの競争が北欧州諸国に存在すると言っている。

しかし、露出のポケットがスペインやイタリアなどの他の領域にあり、昔の材料提供の増加する円熟、そして更なる成長見通しの不足の結果のどちらかで発生すると言っている。

やばい!
テレフォニカがぶっ飛ぶと、ギリシャの二の舞がスペインで起こる。

テレフォニカは、安定成長のブラジルに拠点を移すべきかもしれない。

クレジット見地から、増加するこの作用が潜在的相乗作用によって通常相殺されないとき、越境獲得は買収者に、より高いリスクになると言っている。

多大な費用減少のための通常範囲があるので、クレジット・プロフィールには、国での強化は買収者のためにそれほど否定的でないかもしれない。そして、減少している競争力がある強度は取引の後の数年間で、この作用を減少させるべきであると言っている。

現金売り上げが負債を支払うのに分別よく使用されて、株主にすべて返されないなら、資産を処分する発行人は、それらのクレジット・プロフィールを充実させることができる。

これらのすべての理由でFitchは、事業者が効率の悪い事業形態を提携して、それらが三重を提供できる市場に集中しようとするとき、国での強化がヨーロッパで、起こりそうなルートであると言っている。
そして、回路プレーは相乗作用からの大部分がライバル事業者から提供するサービスと利益を束ねていると報告した。

確かに、多くの携帯電話会社は、進化が止まった西ヨーロッパから、どのようにして手を引くかを考え始めている。

ヨーロッパで、このバブルがはじけると、さらに大きな影響が世界中に拡散することだろう。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.