2010-09-14

米国のブロードバンド計画レポート。

米国のGAO(General Accounting Office/米国政府監査機関)は、レポート「Telecommunications: National Broadband Plan Reflects the Experiences of Leading Countries, but Implementation Will Be Challenging」を公開し、ますます、広帯域インターネット・サービスは国の物理的なインフラと経済成長に重要であるとみなされると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ユニバーサル・アクセス、増加する使用と採用、広帯域サービスは、FCC(ederal Communications Commission/連邦通信委員会)が2010年3月にリリースした「National Broadband Plan」に述べられた政策目標である。

いくつかの最近の研究調査は、およそ95%のブロードバンド展開と、グローバルに競争力がある採用率を達成するが、米国は国際的なランキングで、トップからの中央まで動いたことを示した。

ユニバーサルアクセスと増加する採用をプライオリティにした他の先進国は、これらの領域で米国より高く格付けし、米国の政策立案者にとって、彼らの経験は興味深いかもしれないと言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.