gaYa広告

2010年10月13日

フランス大使館で、フランス生まれの人型ロボ「NAO」を公開。

AFPは、都内のフランス大使館で2010年10月13日に、フランスのアルデバラン・ロボティクス(Aldebaran Robotics)社が開発した人型ロボ「NAO」を公開したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

アルデバラン・ロボティクス社のCEOであるブルーノ・メゾニエ(Bruno Maisonnier)は、教育目的のパートナーシップ・プログラムのもと、東京大学(University of Tokyo)の中村仁彦(Yoshihiko Nakamura)教授の研究室に「NAO」を30体を提供することで合意したと報告している。

フランス大使館では、「NAO」のダンスの腕前が披露された。

米国で開発されると、すぐにどんな武器になるかと言うことで検討されるが、フランスは日本と同じで、まず武器という考えではないようだ。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告