gaYa広告

2010年10月13日

チリの世界最大イベントが完了し、33人が救出された。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年10月12日から、「All 33 Miners Rescued」をアップデートしながら公開し、2010年10月13日に完了したことを報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

予定では2〜3日必要と言うことであったが、はやる心と国民の期待に応えるように、次々救出した。

チリの採掘大臣ローレンス・ゴルボーン(Laurence Golborne)は、分前の彼のTwitter配信で6人の救助作業者が、まだ地表に戻る必要があることに注意した。

採掘大臣ローレンス・ゴルボーンの対応がもっとも注目され、彼はほぼ次期大統領の席を獲得したことだろう。

多くの政治家は、このようなチャンスを待つが、同時にそのチャンスを小さなミスで逃がす。

しかし、彼は確実に、神まで導引して自分のものにした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告