AD SPACE

2010-10-04

スカイプが、ナスダックへの株式公開に向け、CEOを交換!?

Cellular-Newsは、スカイプ(Skype)はシスコシステムズ(Cisco Systems)の幹部社員を新しいCEO(最高経営責任者)に任命して、特定のIPO計画を実行に移し、株式公開のための具体的な計画を発表することがより近くなったことを表しているのかもしれないと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

スカイプS.A.は月曜日に、以前シスコシステムズの副社長で、コマーシャルと中小企業部門の部長であったトニー・ベイツ(Tony Bates)をジョッシュ・シルバーマン(Josh Silverman)の後任にすると言った。

また、ベイツはスカイプのボードに加わることになる。

43歳のベイツは、10月末にCEOに就任する。
それまで、スカイプのチーフで財政管理役員のエードリアン・ディロン(Adrian Dillon)が暫定の最高経営責任者として勤める。

42歳のシルバーマンは2009年に、eBayからの分裂で活躍した。

eBayによって所有されていたShopping.comを実行した後に、彼は、2008年にスカイプに加わった。

声明でシルバーマンは、ベイツが舵を取って、「スカイプは、世界中の消費者とビジネスのための選択のコミュニケーション・プラットホームになるように、いい位置にいる」と言った。

ベイツは、シスコで、スカイプの現在の社員数の12倍以上であった1万2500人以上の従業員を管理して、大きい公社と共に、より多くの経験を持っている。

ルクセンブルクに本部があるスカイプが、米国で公募会社になるという意志を完遂するなら、それは役に立つと言っている。

ただし、スカイプはまだ、株式公開に関しては何も言っていない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.