2010年10月02日

ナスカの地上絵観光航空機墜落し、3人死亡!

BBC Newsは2010年10月03日に、ペルーのリマの約385km東南になる古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)を観光する航空機が土曜日に墜落し、イギリス人の男性と女性の3人と、パイロットや副操縦士が死亡したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イギリス外務省は、ペルーのイギリス大使が現場に駆けつけたが、3人の遺体しか確認できなかったと言っている。

FCOスポークスマンは、ジェームズ・ダウリス(James Dauris)と他の領事館員が首都リマから、事故現場に到着したと報告している。

彼女は、「ペルー人当局は、3人のイギリス人がナスカで飛行機墜落で死んだことを私たちに通知しました。」
「近親者には知らされた。 」
「私たちは領事に支援を提供しています。」と伝えている・

彼女は、4番目の乗客の国籍に関するどんな詳細も判らなかったが、調査がまだ進行中であると言った。
乗客は、2人の乗員と共に死亡した。

飛行機がローカルのマリア・レイチ空港(Maria Reiche airport)から立ち去った後にエンジン・トラブルになったと考えられている。

ペルーの警察は、パイロットと副操縦士が緊急着陸を試みたとき、航空機が原野に墜落したと言った。

ペルーに旅行することを考えるイギリス人へのWebサイトアドバイスでは、外務省がナスカの地上絵を通過する航空機にかかわっている事故が数件数があったと警告している。

2010年2月に3人のチリ人と4人のペルー人を乗せるセスナ機206が墜落し、全員死亡した。
2008年4月にも航空機事故があり、パイロットは生き残ったが、5人のフランス人旅行者が死亡した。

地方の観光用セスナ機は非常に危険で、以前ケニアのナイロビからラムーに飛んだときは、すべてのメーターが壊れ、ぴくりとも動いていなくて、一部は器機もなく穴が空いていた。

白人のパイロットは、明らかに麻薬中毒者のような目であった。
ラムーからマリンディに飛んだときも、かなり荒っぽく、やはりメーターは動いていなかった。

以前、そういえば知人が、この観光飛行に乗ったと言っていた。
ナスカの地上絵は、地上ではほとんど判らないので、つい飛行機に頼るが、その飛行機がやたらに墜落している。

飛行機に乗るときは、観光でも死を覚悟すべきかもしれない。

覚悟もしない観光客は迷惑である。

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)は、Google MapやGoogle Earthでも見ることができる。

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°41'51.46"S,75° 7'35.48"W
または、
-14.697628, -75.126522

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°43'0.00"S,75° 7'60.00"W
または、
-14.716667, -75.133333

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°45'9.03"S,75° 6'41.93"W
または、
-14.752508, -75.111647

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°43'0.00"S,75° 7'60.00"W
または、
-14.716667, -75.133333

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°46'24.04"S,75° 2'14.84"W
または、
-14.773344, -75.037456

古代のナスカの地上絵(Nazca Lines ground markings)のGoogle Earthポインター情報
14°46'4.03"S,75° 2'31.30"W
または、
-14.767786, -75.042028

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告