AD SPACE

2010-09-20

米国政府監査機関による業務管理における女性の調査報告書。

米国のGAO(General Accounting Office/米国政府監査機関)は2010年09月28日に、2010年09月20日に発表した報告書「Women in Management: Analysis of Female Managers' Representation, Characteristics, and Pay(業務管理における女性: 女性マネージャの状態、特性、および賃金の分析)」を公開した。

[AD] You can advertise on this site.


労働統計局からのデータによると、女性は、2010年7月の米国の従業員総数のおよそ47%であった。

例えば、労働統計局からのCurrent Population Surveyデータを使用すると、夫婦ファミリーで夫だけが働いていたカップルは1967年の36%と比べて、2007年には18%であったと報告した。

さらに、女性の増加するプロポーションが高等教育に達している。

労働力人口における25〜64歳の女性の中で、大学学位がある割合は1970年から2008年までおよそ3倍になった。

さらに、平等雇用機会委員会は、民間部門の女性職員とマネージャの割合が1990年の29%以上から、2002年に36.4%まで増加したのが判った。

一般的な従業員の女性の状態は成長しているが、女性が出世する際に直面している難局の情報の必要性は残っている。

この情報を2007年にアップデートするという要求に応じ、このレポートでは、
(1) 産業によって非管理職の状態と比較して、管理職の女性の状態はどうか?
(2) 産業による管理職の女性と男性の主要特性はどうか?
(3) 産業によるフルタイムの女性と男性の間の賃金の違いはどうか?
の3つの質問を記述した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE