AD SPACE

2010-09-20

Adobeは、フラッシュのセキュリティ問題に速急対応?

MacObserverは、2010年9月13日に明らかになったフラッシュ(Adobe Flash)の重大なセキュリティ問題に、Adobeは2010年09月20日月曜日になって、「Flash 10.1.x」で対応すると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

Adobeは、セキュリティ問題にフィックスするのは10月4日になると発表している。

陰湿に作られたWebページに誘い出すことができ、悪者がMacかPCを持って行くことが可能になり、セキュリティー・フローは重要であるとラベルされた。

この重大なセキュリティ問題は、「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Solaris」広範囲のOSに対応したFlashプレーヤーに影響する。

さらに、この重大なセキュリティ問題は、Adobe Readerに影響するが、Adobeはまだ、フィックスをリリースしていないと報告している。

こちらの方が、広範囲に影響する!

Adobe最高経営責任者は、「Mac Flashのクラッシュは、Appleのせい」といっていたが、今度は「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Solaris」が原因とでも言うのだろうか?

元々、「Mac Flashのクラッシュは、Appleのせい」と言う考え自体に問題があった。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.