2010年09月20日

B29を作った歴史的な「Plant 2」を取り壊す!

USA Todayは、シアトルをハイテク町にするのを助けた工場は、荒廃し、高くなり過ぎた、時間、技術、およびテールの死傷者として、75年後に壊されることになったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ボーイング・フィールド(Boeing Field)と南シアトルのドワミシュ川(Duwamish River)の間の不規則に広がった長い古風なビルであるボーイング(Boeing)社の「Plant 2」は、世界のいくつかの最も重要な航空機を生み出した。

それは、何千機もの第二次世界大戦飛行機を造った女性「Rosie the Riveter」で、シアトルで最大のホーム・サイトであった。

魚と材木のほとんど下手な労働者は、最初に、アルミニウムを組み立てる芸術を学び、精巧な航空機へのまた、エンジンとエレクトロニクスへと変化していった。

世界的な紛争の危険が拡大したとき、ボーイングは、1936年にB-17 Flying Fortressの原型を築き上げるために工場をオープンした。

最終的に、約1万3000機の爆撃機がPlant2で組み立てられた。

その後の戦争では、ボーイングが広島と長崎で原子爆弾を落とした高度な無線、レーダー、およびコンピュータ支援機関銃を装備した革命の飛行機「B-29」をここで開発した。

シアトルの歴史と工業博物館(Museum of History and Industry)の専務レオナルド・ガーフィールド(Leonard Garfield)は、
「これらは信じられないほど高度な工学でした。そして、それらは、本質的に彼らがどのように毎日のハイテク労働者であるかを学ぶのに、それらの戦争で数年を費やす人々によって作られていました。」と言っている。

国、連邦政府、およびインディアン部族との協定で、ボーイングは、ドワミシュの1半マイル以上を回復して、およそ5エーカーの沼沢地を作成するためにほとんど空の工場を取り壊すことになった。

ボーイングのスポークスウーマンであるキャサリーン・スパイサー(Kathleen Spicer)は、破壊が今秋に始まると言った。

「Plant 2」とボーイングのオリジナルの「Plant 1」は、何10年も前に売れていた。

ボーイングの企業史編者マイク・ロンバルディア(Mike Lombardi)は、2つのの違いは、衝撃的であったと言っている。

「Plant 1」は、、複葉機が一緒にステッチされて、にかわで接がれて、打ち付けられたワークショップであったた。

「Plant 2」は、正面玄関に向かって少しずつ動いたとき、後部に作られた金属部品が、航空機に変えられていった現代の流れ作業であった。

何千人もの人々が第二次世界大戦の間働き、約半分が女性で、バリアを壊して、ボーイングが従業員を扱う新しい方法を採用することが必要であった。

ジョー・サター(Joe Sutter)は、1940年にワシントン大学(University of Washington)で航空工学を研究している間、「Plant 2」で夏休み中のアルバイトを得た。

戦後に彼は、ボーイングに戻り、そこで彼は、ジャンボジェット機のチーフ・エンジニアになり、「747の父」として知られている。

ボーイング(Boeing)社の「Plant 2」
47°31'48.97"N,122°18'38.91"W
または、
47.530269, -122.310808

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。