on-the-time.jp

2010年09月18日

クレージーな選挙の立候補者は、ブラジル政治の問題点を明らかにした。

BBC Newsは、ブラジルの国会議員になると予測される議会の下院立候補者のスローガンを紹介した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「連邦の代理人として何をするか? 本当に、私は知りません。しかし、私に投票してください。そうすれば、私はあなたのためにそれを見つけるつもりです。」

総選挙は2010年10月3日に行われ、彼には100万人以上の有権者の支援がある。

冗談のように聞こえるが、そんな馬鹿なことが、ブラジルの政治で起こっている。

この立候補者は、プロのピエロで、それを聞いて日本人はきっと驚かないだろう。

「なんとかせにゃあかん!」と言って、自由民主党総裁に立候補できるように訴えた宮崎県知事がいる。

フランシスコ・エベランド・オリベイラ・シルヴァ(Francisco Everardo Oliveira Silva)は、8歳でサーカスに入り、現在、テレビのコメディアンで、北東のケアラから立候補している。

リカ・ティリカ(Like Tiririca/気むずかしいことを意味する)は、ブラジル・スポーツとショービジネスのC-リストからの何十もの経験豊富な政治家で、長年の政治上の一族と完全な新来者のメンバーと並んで個人的に513の議席で戦っている。

総選挙には、27の党から6,000人以上が候補している。

地滑り的勝利を収めると予測される別の候補としては、1994年のブラジルのワールドカップ優勝の英雄として知られる元サッカー選手ロマリオ(Romario)も彼の自分の生まれたリオデジャネイロ州をから立候補している。

ブラジルでは、テレビとラジオの放送で候補のすべてに放送時間を割り当てている。

そこに、されにインターネットからソーシャルメディア衝撃が起こっている。

議会のための「路上スタントレース」は、ブラジルのブロゴスフィアとソーシャルネットワークウェブサイトを支配し始めている。

例えば、リカ・ティリカのYouTubeは350万人以上が既に見て、彼の名前は数日間、Twitterの話題の1つとして注目された。

新聞「Folha de S Paulo」の政治記者エリアーヌ・カンタニェデ(Eliane Cantanhede)は、「リカ・ティリカのような人がスクリーンに現れるとき、彼らは、本当の提案を提示するのに、実際にそれらのスロットを使用している'退屈な'人から、際立って目立って言います。」
「ブラジルには、彼らが、より貧しく、それほど知識がない有権者に強い印象を作りたがって、裕福なそれらを引き付けて、政治家にうんざりする人々をよく教育して、または異議を申し立てたがっているので、これらのタイプのキャラクタに投票する伝統があります。。」
と言っている。

石原慎太郎は、弟のおかげで政治家になり、今では東京都知事で、息子まで政治家にしてしまった。

クレージーな選挙は、ブラジルだけではない。

世界中が壊れ始めた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告