gaYa広告

2010年09月18日

世界のブランド・トップ100

MarketingChartsは、Interbrandが公開した「bEST gLOBAL bRANDS 2001」を紹介し、トップ10ブランドにおける7つは技術系が占めたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

トップ10に入った技術系ブランドは、2位のIBM、3位のMicrosoft、4位のGoogle、5位のGE、7位のIntel、8位のNokia 、10位のHewlett-Packardであった。

IBMとMicrosoftはハードウェアとソフトウェアの両方を提供し、Googleは主としてソフトウェアを提供し、そして、GE、Intel、Nokia 、およびHewlett-Packardはハードウェアを提供している。
また、7つのすべてが消費者とビジネスの用法で、両方に製品を提供している。

残りのトップ10ブランドは、ナンバーワンのコカコーラを含んで、6位のレストラン・チェーン店のマクドナルド、9位に持ち株に映画、テレビ、遊園地、および広いバラエティーのライセンス商品あるコングロマリットのディズニーと、食品、または、コンポーネントを小売している。

世界トップ10ブランドの9社は、米国にあり、フィンランドの信技術プロバイダであるノキア(Nokia)だけが米国外に拠点を置いている。

ナンバーワンのコカコーラは、11年連続で、他のいかなるブランドよりも高いグローバルな収入があった。
Interbrandはこれを、消費者挑戦に順応するコカコーラの性能の結果と考えている。

例えば、コカコーラが顧客との新しい哲学へ操作を中心に置いた。
Interbrandは、この1年で、改良されたソーシャルメディア戦略などの生産された結果を指摘した。

また、主要な世界的ブランドの収入を得る努力への1つの挑戦で、新しいハリスPollの調査結果によると、米国の消費者の2/3は、お金を貯めるために過去6カ月で、より多くのノーブランド商品を買った。

より多くのノーブランド商品を購入することは、過去6カ月で進行中の不況で最も人気があるお金を貯める応答で、65%の消費者が、ノーブランド商品を購入したと言っている。
さらに13%は、今後そうすると考えていた。

つまり、ブランド志向は、景気に大きく影響を与えている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告