gaYa広告

2010年09月14日

米国の新聞社の関連企業グループは保証を広告主に提供。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年09月15日に、25の主要な新聞社とNAA(Newspaper Association of America/米国新聞協会)によって所有されているNNN(Newspaper National Network)が、健康と化粧品のような包装品、食物、飲料、および家庭用品を販売するマーケターに、一連の広告で購入者が売上高の10%の増加をもたらさないなら、シリーズにおける最後の広告は無料になるという保証制度を導入すると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この展開は、「Campbell Soup」「General Mills」「PepsiCo」「Procter & Gamble」のような偉大なマーケターによって販売された8つの包装品ブランドにかかわった2年間のテストの結果から、実施することになった。

新聞ネットワークは、7〜25%の増加で売り上げを獲得したと言い、平均は16%であった。

ただし、申し出には約款がもちろんあり、新聞に新しくて広告主が参入するときは最低US$30万を費やし、3分の1ページ以上の広告を最低3回購入することが条件になる。

新聞ネットワークは、初めは、100の市場で170種類の新聞が利用可能な申し出を5人の広告主に制限した。

そして、申し出は、新聞中に現れる広告ページへのマーケター関心を刺激しようとするために「R.O.P.」である広告、または印刷版だけに適用される。

何10年間も毎週水曜日と毎週木曜日は、大黒柱として包装品の御用商人は日刊新聞で広告を買い、特に広告と共に地元のスーパーマーケットと食料品店から点在しているように見えた食料品のために「最高の食べ物の日(best food day)」として産業で知られている。

しかし、他のタイプのテレビとごく最近インターネットからの中型の立ち向かわれた挑戦と同じくらい、多くの新聞広告と共にそのような広告の販売はかなり低下していた。

しかし、これは思い切った行動である。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告