2010年09月13日

おかしい匂いがする惑星。

NASAは、2004年にポール・バトラー(R. Paul Butler)とジェフリー・マーシー(Geoffrey Marcy)の率いるカーネギー研究所(Carnegie Institute of Washington)とカリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の惑星探査チームによって発見された獅子座(constellation Leo)の中の巨大惑星「GJ 436b(Gliese 436 b/グリーゼ436b)」は何かをなくした。そして、その何かが沼ガス(swamp gas)である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡)Spitzer Space Telescope0を使用することで海王星(Neptune)サイズの惑星を研究している天文学者が驚いたこと、「GJ 436b」には、私たち太陽系の中で多くの惑星に共通の成分メタン(methane)がまったくない。

このアートの概念は、星が陰を部分的に薄れさせた珍しい、そして、無メタンの世界を示している。

惑星大気のモデルは、水素、炭素、および酸素の一般的なミックスで、最大1,000の温度があるどんな世界にも多量のメタンとわずかな量の一酸化炭素があり、1000ケルビン(華氏1,340度)がそうであることを示している。

しかし、約800ケルビン(または、華氏980度)である「GJ 436b」には、それがない。

この調査結果は、太陽系外惑星の多様性と更なる研究の必要性を示していると報告している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告