gaYa広告

2010年09月14日

フランスでブルカ禁止法が成立した。

AFPは2010年09月15日に、フランス上院は2010年09月14日、顔をすべて覆うベールを公共の場所で着用することを禁止する法案を賛成多数で可決したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランス憲法裁判所の憲法会議(Constitutional Council)の審査で違憲とされない限り、2011年初頭には施行される。

法案は定数577のフランス上院で246票の賛成多数で可決された。
下院を7月に通過しており、次は憲法会議による審査となる。
違憲審査は1か月以内に行われる。

この法案はイスラム教徒に言及してはいないが、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)政権は、イスラム教徒の衣装であるブルカやニカブの着用の強要から女性を保護する手段であるとして法案成立を推進してきた。

施行後は、まず6か月間の「教育」期間が設けられ、顔を覆うベールを着用している女性たちに、公共の場所でベールの着用を続ければ逮捕されることを説明する。
禁止法に従わなかった場合、150ユーロ(約1万6000円)の罰金または市民権講座の受講を義務づける。
また、女性にベール着用を強要した男性には、3万ユーロ(約300万円)の罰金と禁固刑を定めた。

この法案に対しては、米国と国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の双方が非難している。
バラク・オバマ(Barack Obama)大統領とアルカイダのナンバー2、アイマン・ザワヒリ(Ayman Al-Zawahiri)容疑者はともに、イスラム教徒への侮辱であると批判した。

これは非常に珍しい結果になった。

サルコジ大統領の禁止法案は議会で十分な得票数を獲得したといえるが、法案に反対する人びとは、フランスと欧州の人権法違反であると主張している。

同様の法案はベルギーやスペイン、一部のイタリア地方自治体でも審議されている。
しかし、フランスの都市の多くは、郊外に欧州最大規模のイスラム教居住区を抱えており、フランスでの禁止法成立は特に繊細な問題を抱えているといえると報告した。

それ以上に、ファションの国フランスで、服装を規制する法案が通過することの法が不思議である。

もっともパリのセイヌ川で、ひもビキニ、トップレス、素っ裸も禁止されている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト