2010年09月13日

中国映画産業は、ハリウッドをターゲットにした!

イギリスのガーディアン(Guardian)は、中国はハリウッドの「ソフト・パワー」に匹敵することを目的に、映画インフラストラクチャ開発の炸裂で、記録的な数の映画を造るコースを選んだと言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

中国のテレビと新聞事業は2009年以来、国によって支持された拡大に続いて、政府は映画生産とその配信で主要な圧力を促進している。

中国政府の協議会は、産業のために映画制作者が銀行融資を確保して、より広い聴衆に連絡することを助ける新指導要綱を発行した。

映画で不法な広範囲の著作権侵害にもかかわらず、DVDは新作映画リリースの数日以内にしばしば発売され、当局は、より多くの聴衆を選別に引きつけるのに映画工事に飛びかかっている。

業界アナリストは、国策と、より広い、好況により、成長の速度が非常に速いので、中国が、主要なベンチマークで米国に追いつき始めることができたと言った。

伝えられるところによれば、2009年に政府は、中国のメディアを強化するために新華社、国営放送局CCTV、および人民日報に£40億(5240億円)を注ぎ込んだと言われている。

これらの機構のすべてが、次に、北京で広く偏っている西洋メディアで強い支持と考えを打ち返すのにそれらの英語コンテンツに飛びかからせた。

北京大学の文化産業研究所(Institute for Cultural Industries at Beijing University)の次長Xiang Yongは、「我が国のソフト・パワーを強化する重要な方法」と国内の映画産業の販売促進を見なしていると言っている。

中国は、国家予算で総攻撃を仕掛けてくる!
最近の低下した質から行くと、ハリウッドもうかうかできないことだろう。

現に東南アジアの音楽番組は、ほとんど軒並み中国、韓国が占領し、若者を虜にしている。

そういえば、北京オリンピックでスピルバーグに協力を要請し、断られ、断固とした攻撃を仕掛けると決めたのかもしれない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。