AD SPACE

2010-09-14

ビジネス・モバイルメール加入者は、2014年までに2億5000万。

Cellular-Newsは、IDC(International Data Corporation)からのレポートを紹介し、ビジネス・モバイル・メール市場は、劇的なペースで広がり続け、収入はもの凄い勢いで成長するように予測され、2009-2014年のCAGR(compound annual growth rate/年間成長率)は13.2%以上と予測していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

スマートフォンの急速な採用が先頭に立っていて、重複因子はこの成長に貢献している。

現在、すべての携帯電話の20%はスマートフォンで、そして、IDCはスマートフォン出荷を2010年に55.4%まで成長すると予測した。

スマートフォンの法人の業務用に展開されることにおいて、メールは、通常可能にされた最初のアプリケーションと最も普及しているものの1つになっている。

そのようなデバイスの成長は、次の数年間に安定したビジネス・モバイル・メールの採用を提供すると予測している。

多くの産業使用者は、ビジネスの安全なモバイルメールのためにBlackBerryデバイスを当てにしているが、消費者の中のこれらのデバイスのうなぎ登りの人気は、RIMが個々に傾向がある産業使用者の機会を利用するのを可能にした。

しかし、その間にマイクロソフトはExchange Active Syncと共に、2009年の加入者市場の71.5%のシェアで、主要なOSs「iPhone」「Symbian」「Windows Mobile」「webOS」に対し、物凄い契約増加数を経験している。

そして2010年と2011年に、マイクロソフトは、Android OSの爆発と Windows Phone 7の発売があり、この成長を続けるために用意ができていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE