gaYa広告

2010年09月13日

ベネズエラで飛行機事故!3分の2が生存!

CNNは、月曜日の朝にベネズエラの南東部ボリヴァール(Bolivar)州で航空機事故が発生し、51人の搭乗者のうち、15人の死亡が確認され、36人が生存していると報告した。

大きければ、早ければ合理的という考えが、完全に過去のことであることを証明した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジャンボ機などは、米国的な発想で、スペースシャトルと同様に発想からして失敗であった。

ボリヴァール州知事のフランシスコ・ランゲル・ゴメス(state of Bolivar, Gov. Francisco Rangel Gomez)は、生存者の多くがGuayanaの都市の病院に運ばれたと言った。

Hospital Uyapar(ハヤパー病院)の院長ヤニッツア・ロドリゲス(Yanitza Rodriguez)は、2人の犠牲者が病院で死んだと言った。

フランシスコ・ランゲル・ゴメスは、3日間の悲しみを宣言し、とても多くの人々が生き残ったことを「奇跡」と呼び、「いくつかの問題で、それらだけ多くが生きているということであり、神に感謝する」と言った。

当局は6人の故人以外は、特定したと言い、皆が特定されるまで犠牲者の名前が差し控えると言った。

この航空機は国有のカンビウアサ航空(Conviasa airline)の所有で、ベストウエスタン(Best Western)ホテルの係員イワン・マラデイ(Ivan Maradey)は、彼が地面に爆発する前にいくつかの送電線に飛行機引っかかり、転倒するのを見たと言った。

フランシスコ・ランゲル・ゴメスは、航空機はフランスとイタリアで作られた「ATR42」で、ツイン・ターボプロップの近距離飛行機で、イスラ・マルガリイタ(Isla Margarita/マルガリイタ島)からガヤナ(Guayana)に向かった第2350便であったと言っている。

パイロットのラミオ・カルデナス(Ramiro Cardenas)で、事故原因は、調査中のまま放置しないと言った。

イスラ・マルガリイタ(Isla Margarita/マルガリイタ島)のGoogle Earthポインター情報
10°59'49.46"N,63°54'40.79"W
または、
10.997072, -63.911331

ガヤナ(Guayana)のGoogle Earthポインター情報
10°35'27.63"N,62°55'40.61"W
または、
10.591008, -62.927947

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。