gaYa広告

2010年09月09日

マイクロソフトはRIMを買うべきか?

Cellular-Newsは、Stockhouseがカナダの恋人RIMを買収するように提案されるかもしれないと言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Stockhouseは、多くのM&Aが技術部門で起こっていて、カナダにとってのショックだが、多くはノーテル(Nortel)の悪趣味を洗い落とすのを助けるために、マイクロソフト社(Microsoft Corp.)がRIM社(Research in Motion Ltd.)を獲得するかどうか調査するべきであると言っている。

マイクロソフト社にとっては、モバイル世界へのゲーム切換器であるかもしれないと言っている。

まず最初に、ここ数カ月のRIMの株価動向を見ると実勢価格はUS$44.31で、市場キャップを会社に与えてUS$244億8000万になる。

ほとんど恐ろしい下降傾向を示していた。

プライバシー上で外国政府との収益と現在の不一致を受けると共に、RIMは、ブランド位置を変える必要がある段階にきている。そして、製品ラインは縮まり、中核業務に焦点を合わせるリターンを起さなければならなくなっている。

マイクロソフト社の株価は6月30日の年次報告書に従えば、約US$367億9000万の現金、現預金、および短期的な証券をつかむ。

それらの流動資産は当座負債より約US$295億3000万多い。

つまり、余裕でマイクロソフト社はM&AでRIMを手に入れられる。

MSFTが欠いている1つのものが、携帯電話の市場の強い立場である。

その結果、相乗作用はMSFTがこの取引をしなければならないと言っている。
AppleとGoogleのAndroidプラットホームはスマートフォンで重要な利得を産業に獲得している。

競合品を消費者部門に供給することとなると、マイクロソフト社とRIMは産業でのろまで、この取引の本当の機会は法人部門の完全な優位を獲得すると予測している。

Windowsは、それでも実業界で使用される優位なオペレーティングシステムで、Blackberryは、それでも実業界で使用される優位なスマートフォンとして当分の間おそらく残ると言っている。

みんな好きなことを提案し、混乱させ始めている。

しかし、この噂は2月頃からささやき始められている。
さらに、マイクロソフト社がノキアを買収するという噂もある。

しかし、焦ることはない!
多くがタブレットにWindowsを乗せてくる時代は近い!

iPadで何ができるか?
あれでOfficeが動いたら---Blackberryがおもちゃに見える。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。