on-the-time.jp

2010年09月09日

米国国務長官クリントンのメキシコ麻薬見解は間違い!

美容と医学の科学麻薬とメディア

BBC Newsは、米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)が言うメキシコの麻薬関連の暴力には「暴動」の顕著な特徴がますますあるという所見を、メキシコ政府は拒絶したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

クリントンの見解は、ワシントンの米国外交政策専門家の主要なスピーチに続いて、彼女のコメントを発表した。

メキシコ政府のスポークスマンであるアレハンドロ・ポイレ(Alejandro Poire)は、メキシコ、そして、コロンビアの闘争が共有する唯一の局面は、米国の高需要な麻薬が根本的原因と言った。

米国がたばこ税の高騰で、タバコより安いマリファナが一般化し、ビールより安いコカインが受け入れられ、巨額な富を麻薬密輸団に提供していることが根本原因であると言うことで、米国の政策の失敗が、メキシコやコロンビアで多くの殺人を誘引していると言うことだろう。

その米国が失敗した政策を日本政府も真似しようとしている。

カリフォルニア州やスキー場などで麻薬が合法化されたことから、メキシコでも麻薬を合法化し、暴力を沈静化させようとする動きが始まっている。

メキシコのフェリペ・カルデロン大統領(President Felipe Calderon)が2006年に麻薬カルテルの弾圧に着手してから、2万8,000人以上が麻薬関連で殺されていると2010年08月03日火曜に発表し、麻薬の合法化に関して議論することを考慮していると言った。

メキシコが麻薬を合法化することで、この傾向は一気に南下し、中年米が世界最大の麻薬合法化地帯になる可能性もある。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告