on-the-time.jp

2010年09月05日

脳波で調べられた表紙は、新聞雑誌売場で売れるか?

ニューヨークタイムズのMedia Decoder(Media Decoder New York Times)は、イギリスの雑誌「New Scientist」が8月前半に製品への脳反応を研究する「neuromarketers」によって行われたテストのときによく得点された表紙で雑誌を発行したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

その良いレビューは新聞雑誌売場で良く販売れたのか?
そっけない返事は「はい(yes)」であった。

雑誌の副編集長グラハム・ロートン(Graham Lawton)は、先週のリリースで「その時私たちが同様の巻頭特集のために予想より、はるかに高く、1年前の同じ問題より12%多いので、確かに、私たちは、実験が大成功であったことと言うだろう。」と言った。

「カリフォルニア会社NeuroFocusは、対象の脳波を測定するのに脳波計マシンを使用して、雑誌によって準備された3種類の表紙をテストしました。」

そして、それは記憶の活性化と感情的な約束のような要素に基づいて、1〜10のスケールの結果を評定した。

トップを得点しや表紙は、感情的に意味ありそうな赤のロゴであった。
そして、限られた注意散漫になるカーブが下部にあるスペースのただ一つの主な画像は、明らかにするためにパックリと裂けていた。

その結びの文句は、「Has the fabric of the universe unraveled?(宇宙の構造は、崩れたか?)」で脳のキャンディの投与量を与えた。

これは一種の、デザインを脳科学することで、物は売れるのか?と言うことかもしれない。

ところが、現実に物を売ったことのないデザイナーがデザインしたものが、売れるのか?
という新しい疑問が出てきた。

つまり、子供の頃に宗教化の家庭で育った人が、商売を始めるアドバイスは可能かという素朴な疑問でもある。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。