2010年09月05日

10年ごとに開催される「ナッツフォード・グレート・レース」。

AFPは2010年09月06日に、イギリスのナッツフォード(Knutsford)で2010年09月05日に、10年に一度だけ開催される19世紀の自転車による約1kmの距離を競うペニーファージング・レース大会「ナッツフォード・グレート・レース(Knutsford Great Race)」が行われたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

参加したのはペニー・ファージング(Penny Farthing)だけではなく、ダンディー・ホース(Dandy Horse)やボーン-シェーカー(Bone-Shaker)といった往年の自転車も参加し、米国、オーストラリア、フランス、ドイツ、ニュージーランド、チェコ、ハンガリーなどから集まった50チームの愛好家らが、白熱のレースを繰り広げ、14:00時から17:00時(ベーリング標準時)までの3時間以内に完走することが条件であった。

参加は自由で、個人でもチームでも参加できた。
当時の自転車はチェーンがまだ開発されていなかったことから、直接前輪を足で回すため、前輪が大きく、乗り降りするためには特別の台が必要であった自転車やただまたがって、足で地面を蹴って走る自転車であった。

ペニーファージングは1871年にジェームズ・スターリー(James Starley/1830 - 1881)によって発明された。

その時、通貨で最も大きくて、最も小さい銅貨にちなんで、それは名付けられました。

1870年代に、狂ったパーティーは15日間でランズエンド(Lands End)からジョン・オ・グローツ(John O'Groats)まで690マイルをペニーファージングに乗って走破したと言われている。

イギリスのナッツフォード(Knutsford)のGoogle Earthポインター情報
53°18'4.01"N,2°22'21.77"W
または、
53.301114, -2.372714

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。