2010年09月05日

世界の携帯電話事業者トップ10。

Cellular-Newsは、Analysys Masonが公開した世界の携帯電話事業者トップ10を紹介した。
それは2008年に地位を保有したことを明らかにした。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

レポートによると、世界的なテレコム市場は、2009年にUS$1兆8,000億の収入を生成した。2008年との比較で、1%の増加であった。

収入によるトップ10は、
1. AT&T (USA)
2. NTT (Japan)
3. Verizon (USA)
4. Deutsche Telekom (Germany)
5. Telefónica (Spain)
6. Vodafone (UK)
7. China Mobile (China)
8. France Telecom (France)
9. Telecom Italia (Italy)
10. KDDI (Japan)
であった。

このトップ10リストは、彼らの収益に従ってオペレータが税金、減価償却費(EBITDA)マージンなどで、ランキングすると、

1. China Mobile
2. Telefónica
3. Telecom Italia
4. AT&T
5. Vodafone
6. France Telecom
7. NTT
8. Deutsche Telekom
9. Verizon
10. KDDI
と大きく変わってくる。

さてさて、どちらのトップ10を信じるか?
レポートの取り方で、これほど大きくランキングが変わってくるし、それは未来まで見えてくる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告