2010年09月05日

ブラジルの教育格差への挑戦!

モバイル・マネー

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inácio Lula da Silva)が2003年前半にブラジルの大統領として宣誓の上で就任したとき、彼は、国の大統領になることによって最終的に彼の「最初の卒業証書」を稼いだと感情的に宣言した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

ブラジルで最も教育を授けられていない大統領のひとりは、極端な貧困から数百万を持ち上げて、ブラジルの経済を安定させて、ともに国内外で近く伝説的な状態を得て、すぐその最もいとしい人間のひとりになった。

しかし、ダシルバは、謙虚な始めに打ち勝っている間、 教育は世界で最も強力な国の1つとして経済を加速して、定着する努力で、おそらくいかなる他のも今日面しているブラジルに挑戦するよりさらに、つまずきの石で、新発見のよろいかぶとで主要な弱点を露出して、彼の国はまだそれ自身で格闘していると報告した。

世界銀行は、2008年のレポートで「残念ながら、国際競争の時代で、ブラジルの教育の現状は、それに新投資と経済成長の機会の検索における他の発展しつつある経済を遅れさせることを意味する。」と結論づけた。

過去の10年間、チリ、ウルグアイ、およびメキシコのようなラテンアメリカの仲間国を引きずって、ブラジルの学生は基本的な技能として、国際的な試験を受けるどんな国の学生、数学、および科学も得て、最も低い読書率であった。

ブラジルは4年後にワールドカップが開催され、6年後にオリンピックが開催される。
それは中国がオリンピックを開催し、次に万博を開催して、世界で2番目のGNP国になったのに匹敵する。

ただし、中国には貧富の差が拡大したように、ブラジルには教育格差が大きな問題になっている。
今から6年間で、ブラジルはどこまで大きく変化するか!

今、世界で最も注目を集める国になったブラジルは、これからの経済で台風の目になることだけは確実である。

世界で2大携帯電話会社、スペインのテレフォニカと南アフリカのワールドカップで大失敗したボーダホンは、ブラジルに集結し始めている。

そして、その市場を狙って、ノキアも動き出している。
また、携帯電話会議がスペインのバルセロナで毎年2月に開催され、それに続くモバイル・マネー・サミットは、ブラジルのリオデジャネイロで毎年5月に開催されることになっている。

つまり、世界で最も巨大なプリペイド携帯電話を使ったモバイル・マネーが中南米で一気に展開される準備が着々と静かに進められている。

中国、インドの経済大爆発の次は、ブラジルになるという考えは、ほぼ確実になり始めている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告