on-the-time.jp

2010年09月05日

グアテマラで豪雨、バスが土砂崩れに巻き込まれ、18人死亡。

日本は何日も雨が降らないが、BBC Newsはグアテマラでは何日も豪雨が続き、広範囲の氾濫と地滑りをもたらし、非常事態が宣言されたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

バスが土砂崩れによって巻き込まれ、10人が死亡し、全体で少なくとも18人が死亡した。

アルバロ・コロム大統領(President Alvaro Colom)は、5月の豪雨「アガサ熱帯嵐(Tropical Storm Agatha)」では165人が死亡し、嵐が終わるまですべての改築工事を元に戻したと言った。

大統領は、再建のために非常準備金を承認するように議会に頼んだ。

何日もの大雨はグアテマラの山岳地帯を飽和状態にし、山腹が突然、いきなり崩れ、何人もが生き埋めになった。

首都グアテマラ市の西にある主要道路インターアメリカン高速道路上を移動していたバスが、最もひどい地滑りで埋まってしまった。

Quetzaltenangoの西領域では、家が土砂崩れによって握りつぶされ、4人の家族が死亡した。

インターアメリカン高速道路は、100km以上に渡ってすべての交通が止められた。
他の多くの道路も崩れ、妨げられた。

「アガサ熱帯嵐」で流され、再建された橋は再度流された。

アルバロ・コロム大統領は、降雨が「ここ数週間で行われたすべての仕事を破壊して、US$5億以上の損害をもたらした。」と言った。

大統領は、再建に資金を供給するのを助けるために特別税を提案すると言った。

グアテマラの国営気象サービスは、降雨がさらに48時間続くと予測した。

首都グアテマラ市のGoogle Earthポインター情報
14°36'48.00"N,90°32'7.00"W
または、
14.613333, -90.535278

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。