2010-08-14

法廷で笑って刑務所に入れられた男!

MSNBCは、金曜日に審理されるのを待っていたフェーエットビル(Fayetteville)から来ていた男性は、カンバーラントカウンティーの法廷(Cumberland County courtroom)で笑い始めた後に、トニー・キング裁判官(Judge Toni King)の怒りを引き起こたと報告した。

当局は、トニー・キング裁判官がなぜ笑ったか47歳のジョニー・モンゴメリ(Johnny Montgomery)に尋ねたが、彼が、答えるのを拒否したと言った。

トニー・キング裁判官は軽犯罪で、ジョニー・モンゴメリを刑務所に収監するように命令した。

代理人が、刑務所へモンゴメリを連れて行く準備していたとき、彼らは身体検査して、3グラム以上のクラックコカインを見つけた。

モンゴメリを再度、重罪薬物不法所持で告発した。

当局と弁護士は、彼が金曜日の晩に処理されて、まだ出廷日が決まっていないと言っている。

1人のノースカロライナ裁判官に関する限り、法廷は笑い事ではなかった。

しかし、おかしな判決をした裁判官を裁判中に笑ったら、麻薬を持っていなくても法廷侮辱罪で逮捕されると言うことであれば、私のように変なことが起こると葬式でも笑いが止められないものにとって、裁判員制度はどうにも参加できそうにない。

もし、裁判員制度で裁判員として参加しろと言われたら、法廷で笑ってしまい法廷侮辱罪で逮捕されそうだから、参加できないと言ったら、法務省はどのように判断してくれるのだろうか?