2010-08-14

敏感な部分の撮影は、許されるのか?許されないのか?

CarlosMiller.Comは、ティーンエイジャーのジェローム・ボルス(Jerome Vorus)は、金曜日に彼の写真で、さらに新しい対立に直面し、一人前の写真権利活動家になっていると報告した。

19歳の大学生であるジェローム・ボルスがワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビル(J. Edgar Hoover Building in Washington DC)の外で写真を撮っていたとき、FBIの警察官が、写真を取らないよう彼に命令した。

彼はまず最初に、携帯電話上のビデオカメラで撮影を開始した。

次に、彼はワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビルにプライバシーへの期待などみじんもなかった。

ティーンエイジャーのジェローム・ボルスは電話インタビューで、最初にワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビルを撮影していただけだったといっている。

写真を撮影することが犯罪なのか?そんなことを聞いたこともなかったし、知りもしなかった。
彼が歩いて去ろうとしたとき、別のFBIの警察官が車を停止し、彼に止まるように命令した。

写真を撮影しただけで犯罪なのかどうか?
そんな馬鹿な法律があるならば、さらに敏感な人の秘密を明かす空港の写真は、犯罪ではないのかという疑問がおおきくなっている。

この馬鹿げた対応をしたFBIの警官もすべて映像になり、YouTubeで公開されている。

これは、さらに新しい問題に発展しそうである。

当然、Google Mapも犯罪になるだろう。

そして、今回公開した私も犯罪者になるのだろうか?
19歳の大学生であるジェローム・ボルスがワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビル(J. Edgar Hoover Building in Washington DC)の外で写真を撮っていたとき、FBIの警察官が、写真を取らないよう彼に命令した。

彼はまず最初に、携帯電話上のビデオカメラで撮影を開始した。

次に、彼はワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビルにプライバシーへの期待などみじんもなかった。

ティーンエイジャーのジェローム・ボルスは電話インタビューで、最初にワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビルを撮影していただけだったといっている。

写真を撮影することが犯罪なのか?そんなことを聞いたこともなかったし、知りもしなかった。
彼が歩いて去ろうとしたとき、別のFBIの警察官が車を停止し、彼に止まるように命令した。

写真を撮影しただけで犯罪なのかどうか?
そんな馬鹿な法律があるならば、さらに敏感な人の秘密を明かす空港の写真は、犯罪ではないのかという疑問がおおきくなっている。

この馬鹿げた対応をしたFBIの警官もすべて映像になり、YouTubeで公開されている。

これは、さらに新しい問題に発展しそうである。

当然、Google Mapも犯罪になるだろう。

そして、今回公開した私も犯罪者になるのだろうか?

ついでだからGoogle MapのStreetViewでキャプチャも取ってみた。

ワシントンD.C.のJ.エドガーFBI本部ビル(J. Edgar Hoover Building in Washington DC)のGoogle Earthポインター情報
38°53'40.22"N,77° 1'30.12"W