2010-08-14

土曜日の破壊活動は、1689年の都市救援と105日間の攻囲による英雄活動か?

BBC Newsは、ロンドンデリーを行進する見習い少年(Apprentice Boys)を紹介し、このパレードには数千が参加すると予測した。

北アイルランドの法務大臣デヴィッド・フォード(David Ford)は、ロンドンデリーのパレード「Apprentice Boys Relief of Derry」の後で、平穏を懇願した。

大規模なセキュリティ操作が主なパレードの前1230(ベーリング標準時)に都市センターで行われることが予測されている。

最大1万5000人と140の音楽隊が出席すると予想されている。

デヴィッド・フォードは、7月12日に起こった北アイルランドの暴力に対する報復など欲しくないと言っている。
彼は、
「北アイルランドの人々の多くは、彼らが私たちの通りで暴力が欲しくないことを明確にしました。」
「この機会に下がって、暴力が今週末に何でも達成できると考えるかもしれことを考え直すように求めたいと思います。」と言った。

「ずっと暴力は前進ではありません。」
「自分達の違いが対話で決議されているところで、平和な未来が欲しいことを繰り返し願う世間一般の人の日常生活を破損するのに役立つだけです。」

北ベルファストのアルドーネ(Ardoyne in north Belfast)で7月12日から3夜、共和国党員による暴動を起こした。
その時、オレンジ協会パレード(Orange Order parade)はその領域で終わった。

パレード委員会は、土曜日にアルドーネの商店街を通り過ぎるとき、Apprentice Boys Ligoniel Walker Clubがフィーダーパレード(feeder parade)に伴うべきでないと裁決した。

土曜日にロンドンデリー・センターで意見の異なった共和党員によって開催されることになっていた抗議は中止された。

それはマグハベリー刑務所の刑務所当局(Maghaberry jail and prison authorities)と囚人の間で意見の異なった共和国の論争を強調することが構成されていた。

しかし、仲介の介入に続いて、論争は木曜日に解決された。

土曜日の抗議は例年の見習い少年の行進(Apprentice Boys march)と同時に起こることになっていた。

1688年に、スペイン国王ジェームズ・ファミリーの軍隊(Catholic King James' army)の前進力を止めるために城壁を巡らした都市のゲートを13人の見習い少年が閉じた。

土曜日のパレードは、1689年の都市救援と105日間の攻囲を記念して行われる。

歴史がある国は、暴力が英雄的行為になることも多い。

北ベルファストのアルドーネ(Ardoyne in north Belfast)のGoogle Earthポインター情報
54°36'47.69"N,5°57'26.00"W
または、
54.613247, -5.957222