2010年07月23日

ワールドカップの賭に負けた米国大使とイギリス大使への罰!

AFPは2010年08月08日に、タジキスタンの首都ドゥシャンベ(Dushanbe)に駐在する米国のケネス・グロス(Kenneth Gross)大使とイギリスのトレバー・ムーア(Trevor Moore)大使は、南アフリカで行われた2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会(2010 World Cup)のグループリーグ米国対イングランド戦で、負けたほうが服を着たままプールに飛び込むという賭けをしていた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

しかし2010年06月12日に行われた試合は1対1の引き分けだったため、両大使は2010年7月23日にプールに飛び込んだ。
招待客が証人となったと報告している。

確かに、あの試合は不思議だった。

イギリスが勝つとほとんどの人が信じていた。
イギリス首相も信じていた。

BBC Newsは、イギリスの何100万人もの人々が、ワールドカップでイギリス・サッカー・チームが初戦でぶつかる米国を攻撃するため、準備を完了したと報告した。

服はびしょ濡れになったが、両大使はともに意気軒昂だったと伝えられていた。
その模様を撮影した写真が2010年08月06日に公開されたと報告した。

2010年バンクーバー冬季オリンピックのアイスホッケー男子決勝で、どちらが勝つかを賭けていたカナダと米国首脳にあわせ、負けたほうの報道官が公式の場に相手チームのジャージーを着て現れるという「罰ゲーム」が設定され、決勝で米国が負けたことから、米国大統領報道官のロバート・ギブス(Robert Gibbs)が2010年03月12日に、米国のプライドをぐっと飲み込み、アイスホッケー・カナダ代表のユニフォームを着て記者会見に登場したこともあった。

タジキスタンの首都ドゥシャンベ(Dushanbe)のGoogle Earthポインター情報
38°32'12.00"N,68°46'48.00"E
または、
38.536667, 68.780000

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告