2010年07月23日

ワールドカップの賭に負けた米国大使とイギリス大使への罰!

AFPは2010年08月08日に、タジキスタンの首都ドゥシャンベ(Dushanbe)に駐在する米国のケネス・グロス(Kenneth Gross)大使とイギリスのトレバー・ムーア(Trevor Moore)大使は、南アフリカで行われた2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会(2010 World Cup)のグループリーグ米国対イングランド戦で、負けたほうが服を着たままプールに飛び込むという賭けをしていた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

しかし2010年06月12日に行われた試合は1対1の引き分けだったため、両大使は2010年7月23日にプールに飛び込んだ。
招待客が証人となったと報告している。

確かに、あの試合は不思議だった。

イギリスが勝つとほとんどの人が信じていた。
イギリス首相も信じていた。

BBC Newsは、イギリスの何100万人もの人々が、ワールドカップでイギリス・サッカー・チームが初戦でぶつかる米国を攻撃するため、準備を完了したと報告した。

服はびしょ濡れになったが、両大使はともに意気軒昂だったと伝えられていた。
その模様を撮影した写真が2010年08月06日に公開されたと報告した。

2010年バンクーバー冬季オリンピックのアイスホッケー男子決勝で、どちらが勝つかを賭けていたカナダと米国首脳にあわせ、負けたほうの報道官が公式の場に相手チームのジャージーを着て現れるという「罰ゲーム」が設定され、決勝で米国が負けたことから、米国大統領報道官のロバート・ギブス(Robert Gibbs)が2010年03月12日に、米国のプライドをぐっと飲み込み、アイスホッケー・カナダ代表のユニフォームを着て記者会見に登場したこともあった。

タジキスタンの首都ドゥシャンベ(Dushanbe)のGoogle Earthポインター情報
38°32'12.00"N,68°46'48.00"E
または、
38.536667, 68.780000

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト