2010-07-23

米国国防総省の児童ポルノ・クラブを特定!

ボストン・グローブ(Boston Globe)は、連邦捜査員(Federal investigators)はハイレベル機密取扱者の人物調査で、児童ポルノを購入して、ダウンロードしたとされる数10人の米国国防総省職員として契約していた者を特定したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

調査報告によると、政府コンピュータを使用し、不法な資料を得たこれらの明かされていない数も、その中に含まれていると報告している。

この調査は、米国国防総省(Pentagon)の中で、他の組織国家安全保障局(National Security Agency)、国家偵察局(National Reconnaissance Office)、および国防高等研究計画庁(Defense Advanced Research Projects Agency )の従業員も含め、実施された。

犯罪者の数は、米国国防総省関連の敏感な政府機関で働いている何千人もの人々のわずかな比率であったと言っている。

しかし、2009年後半からのDefense Criminal Investigative Serviceによる1つのレポートによると、政府の秘密へのアクセスで犯罪者がいるという事実は、「これらの個人が特に軍事施設に通常近づく手段を持っていて、ゆすり、贈収賄、および脅威で危険な国家安全エージェンシー」で働いていたと言うことになる。

DARPAスポークスマンはコメントを断ったが、彼らの仕事が非常に非常に敏感であったので、ドキュメントで人員が調査された他の政府機関を気絶させた。
国家の治安担当官が「児童ポルノの領収書に関する証拠であった。

2007年に告発された事件では、93通のドキュメント、8,400枚の画像、および200の映画を持っていた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.