on-the-time.jp

2010-07-23

ラテン・アメリカで、プリペイド携帯電話大爆発を予測!

未来モバイル・マネー

Cellular-Newsは、Pyramid Researchからの最新の報告によるとして、ラテンアメリカでモバイル・ブロードバンドは、ここ数年間で重要な成長を示して、速いペースで特にプリペイド携帯電話インターネット接続で成長し続けると予想されている。

[AD] You can advertise on this site.

「Prepaid Mobile to Expand Market」

しかし、モバイル事業者は、より多くのサービスを販売するにしたがって、収入で生成するために彼らの目標市場を広げる必要がある。

Pyramid Researchのアナリストで、レポートの著者ビンシカス・カエターノ(Vinicius Caetano)は、
「彼らの家庭かオフィスの固定インターネットのない顧客によって使用されるだけではなく、また、大きい数の時々のユーザーを引き付けるでしょう。特に彼らのインターネット接続のためにフルタイムの移動性を必要としない人ということであって、Pyramid Researchは、プリペイド携帯電話インターネット・サービスがラテンアメリカで、多くのユーザを引き付けると予想します。」と言っている。

さらに、「このサービスはプリペイドのサービスが有益でないという通信業界神話を崩壊させるでしょう。」
「伝統的なモバイル・モデルは事業者が郵便プリペイドの顧客に対して評価されて加えられたサービスを主に提供する初期段階のローエンドへの新興成長市場人口における中間を無視します。」
「これらの国で半分の個人消費は、下側のARPUのためローエンドとプリペイドの顧客の中で省略されます。」
「事業者は、この見落とされた市場に訴えるほうがよいため、人口の大部分と互換性がある特性に基づくサービスに焦点を合わせなければならないでしょう。そこにプリペイド・モデルを含んでいます。」と、カエターノは推薦します。」と、カエターノは付け加えた。

Pyramid Researchは、モバイルデータのためのビジネスケースが、音声のように同じ概念に従うと信じている。
それを手頃で、使い易くフレキシブルにすることで、プリペイド携帯電話大爆発が発生すると予測している。

プリペイド携帯電話市場は、麻薬取引などで大きなマイナス・イメージが先行し、有益でないという通信業界神話を作ったが、今どきその神話がそのまま残っていると感じる人は、プリペイド携帯電話が発展途上国でどれほど多く、通信機能を手にしたかを無視し、それが国連のバックアップまで得ていることを知らなさすぎると言える。

時代は大きく動いている。

そして、PINベースのプリペイド携帯電話を利用したモバイル・マネーが、全世界の発展途上国でスタンダード化しはじめている。

エアコンの効いた先進国の会議室では、まだプリペイド携帯電話市場は、麻薬取引などで大きなマイナス・イメージが先行している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.