2010-07-23

何故、ボーダフォンの収入は上昇するか!?

Cellular-Newsは、ボーダフォン(Vodafone)は収入を上昇させるための戦略レビューを計画していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ボーダフォンは、収入が113億£(US$172億)まで4.8%上がったと報告し、グループ・サービスの収入は106億£(US$162億U)まで4.9%上昇した。

器質的基盤では、それぞれの領域が改良されたサービス収入傾向を提供したとき、サービス収入は1.1%(前の四半期より1.7%の改良)上昇した。

四半期の間、利益数を発行していない。

また、今年「株主の利益を追い立てて、データの広範囲の採用を利用するために戦略を加速する」ために、大改造を発表すると確認した。

CEO(Chief Executive/最高責任者)ヴィットリオ・コラオ(Vittorio Colao)は、
「これらは世界的景気後退に影響を与えたので、サービス収益の成長を示す最初の四半期決算です。」
「私たちは、主要なヨーロッパ市場で商業アプローチを続けること、インドに伴うトルコにおける特にデータと、新興成長市場での強い成長、私たちの四半期収入から現在の操作レベルが上向きの現金と、そして、今までで最も高い集中して、これらの結果を獲得しました。」
「本年度の財政的な見通しは確認されます。」とコメントした。

ヨーロッパのサービスでは、収入が1.7%、前の四半期より0.7%ト改良で下落した。
北ヨーロッパのビジネスは、経済状態における改良を経験した。
南ヨーロッパのビジネスは、より弱い経済環境と貧しい消費者心情を経験し続けていた。
中央ヨーロッパの市場では、ローカルの携帯着信料のもろい経済環境とかなりの減少にもかかわらず、操作上の傾向は向上した。
アフリカと中央ヨーロッパでは、サービス収入がトルコの安定した実績で追い立てられた、前の四半期に3.7%、1.3%の改良を育てた。
南アフリカに、前の四半期成長が同じ水準であった。
アジア太平洋と中東では、サービス収入が10.5%、前の四半期より5.5パーセント改良で上がった。

改良は継続的な強い顧客の成長によって動かされた。
そして、インドで、より良い用法はマーケット・リーダーによるどんな最近のかなりの価格下落もなかった。

第1四半期取引は、現在の会計年度の見通しの声明の基礎となる管理の期待と一致していた。

管理の期待に沿って、EBITDAマージン衰退があった。そして改良の大部分が下期に起こって、グループは2010年の会計年度で経験されたそれより実質的に低レートで、1年間EBITDAマージン衰退を予想し続けた。

CEOヴィットリオ・コラオにとって、もっとも気に入らないのはGoogleはやり過ぎ!だろう。
そろそろ、ボーダフォンも本格的なGoogle対策に乗り出すことだろう。
それは、テレフォニカ、ノキアも同調することだろう。

その法策は----
私は、ボーダフォンがいつ開始するか!期待している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.