AD SPACE

2010-07-23

NASA宇宙船カメラは、今までで最も正確な火星地図を作った。

NASAは、NASAのマーズ・オデッセイ宇宙船(Mars Odyssey spacecraft)のカメラは、今までで最も正確なグローバルな火星地図を開発するのを助けたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

研究者と一般大衆は、火星の全表面にいくつかのWebサイトで地図にアクセスすることで、探検して、調査できるようになった。

その地図は、オデッセイ宇宙船のマルチバンド赤外線カメラ(multi-band infrared camera)THEMIS(Thermal Emission Imaging Systemテミス)から約2万1000の画像を使用することで構成されている。

THEMISの観測が8年前に始まって以来、、、カリフォルニア州パサディナのNASAのJPL(Jet Propulsion Laboratory/ジェット推進委研究所)との共同作業におけるアリゾナ州立大学(Arizona State University)のテンペ(Tempe)にあるMars Space Flight Facilityの研究者が地図を編集した。

ユーザーは、イメージの周りで撮影して、それらへズームできる。

完全なズームでは、最も小さい表面の詳細は幅330フィートになる。

火星の一部は、より高い解像度で撮影されが、この地図は今までのところ、惑星全体で最も正確な眺望を提供している。

マーズ・オデッセイは、2001年4月に発射され、2001年10月に火星に達した。
そして、科学操作は2002年2月に始まった。
この任務はNASAのScience Mission Directorateとして、ワシントンでJPLによって運営されている。

デンバーのロッキード・マーチン宇宙システム(Lockheed Martin Space Systems in Denver)が元請業者であり、プロジェクトのための宇宙船を造った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.