2010-07-13

ICANNが、中国語ドメインを認可した。

オランダのMedia NetworkはAFPからの情報として、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が中国語ドメインの許可を与えたことから、Webはすぐ、10億人以上がはるかにアクセスしやすくなると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ICANNによる2010年06月25日に発表に続いて、すぐに、中国、台湾、および香港での登録は、公式に漢字のドメイン名を発行し始めることになると言っている。

ICANNのロッド・ベックストーム(Rod Beckstrom)は、
「世界の1/5は中国語を話します。」
「それは、私たちがおよそ10億人のためにただ潜在的オンライン・アクセシビリティを増強したことを意味します。」
「ICANN発表はアラビアのドメイン名を許容するという以前の決定に続きます。そして、他の非ヨーロッパの文字体系が続くと予想されます。」と言っている。

変化を実装するボディーの1つ香港のHKIRC(Hong Kong Internet Registration Corporation)のチーフエグゼクティブであるジョナサン・シーア(Jonathan Shea)は、中国の人々が現在サイトを見つけるためにサーチ・エンジンを当てにすると言った。

現在、ローマ字スクリプトのドメイン名で、何人かの中国の人々がWebサイトのドメイン名を覚えているか、または推測することが難しくなる場合があった。

しかし、多くの会社と機構はそれらの中国の名前と単にそれらの商標を付けることでよく知られている。
そして、それらに自己のドメイン名がやむを得ず英語であるとき、サイバースペースでアイデンティティがしばしば負けた、とジョナサン・シーアは言った。

ジョナサン・シーアは「中国のドメイン名の有用性はきっぱりこれらの問題を解決するでしょう。」とAFPに話した。

ただし、中国ではドメインは自由ではなく、認可制を取っていることから、誰でも中国語ドメインが取れるというわけではない。

また、それは同時に中国政府による検閲を容易にする可能性も出てきている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE