gaYa広告

2010年06月18日

女性向けバイアグラは、性欲を増進しなかった!

Google NewsはAP通信からとして、女性の性欲を上げると言われた「Pink pill(ピンクの錠剤)」は、世界のいくつかの最も大きい製薬会社による10年間の探して開発されたが、それほど効果もなく、とらえどころがないままであると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

金曜日の健康専門家委員会は、2つの研究における性欲を増加させなかった抗うつ剤として、連邦政府の認可のために提出された最新の提供を拒絶した。

食品・薬品局の生殖アドバイザー委員会は、Boehringer Ingelheimからの錠剤の副作用が、疲労、憂うつ、および失神状態を含んで、より重くなかったのに満場一致して投票した。

スタンフォード大学医科大学からの婦人科医(gynecologist from Stanford University School of Medicine)でパネリストのポーラ・ヒラード(Paula Hillard)は、「女性の性的な健康が重要であり、多くの女性が性機能不全に苦しむと確信していますが、私はこの薬のために臨床的に重要な利益は確信できません。」と言った。

通常パネリストのアドバイスに従い、FDA( Food and Drug Administration)は次の数カ月で、その「Pink pill」について決定をすると言われている。

セロトニンと他の脳内物質に影響する薬「flibanerin」は元々憂うつ療法として研究されましたが、女性の愛欲錠剤が異常に高いレベルの性的な満足を報告したとき、再決意した。

性的研究で報告された出来事を満たすことは控え目な上昇にもかかわらず、パネリストは、薬の利益が女性のための毎日の錠剤として承認を保証できるくらいには強くないと言った。

脳内の化学成分を通した性的な関心の引き金となる試みは、ファイザーの勃起障害薬「バイアグラ」の大ヒットと同等の女性向けを見つける製薬工場の最新のアプローチであった。

1998年の薬開発着手以来、2ダース以上の実験的治療はいわゆる「女性の性機能不全」のために研究され、概算US$20億の価値がある市場であった。

初めファイザーは、性器への血流を増加させるドラッグの性能が愛欲を増加させることを望んで、女性でバイアグラをテストした。

それで効果がなかったとき、製薬会社は、テストステロンを含んで、ホルモンに変更した。

その2年前に、大規模な政府による調査によって、閉経後の女性のホルモン補充療法が心臓病と乳癌を悪化させたのがわかり、すべてのホルモンの安全性に関する心配を高めて、FDA委員会は2004年に、未知のリスクのため、長期の使用からプロクター&ギャンブルのテスト・ステロン・パッチ「Intrinsa」を拒絶した。

つまり、女性を娼婦にさせる薬は、ワールドカップの方が効果があった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告