AD SPACE

2010-06-18

スリランカで携帯電話使用中に、列車に轢かれ、15人が死亡!

Cellular-Newsは、スリランカのHindustan Timesからの情報として、携帯電話が、より人気があるようになるのに従って、スリランカで列車事故が急増していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

道路が完備していなし、また列車の本数も少ないことから、線路を歩く人が多く、たまに来た列車に気が付かないで死亡する事故が多発している。

スリランカ鉄道局のマネージャーであるビジャヤ・サマラシンゲ(Wijeya Samarasinghe)は地元のマスコミに、今年に入って携帯電話を使用にながら線路を歩いていて、少なくとも15人がスリランカで列車に轢かれて死亡したと言っている。

また、ビジャヤ・サマラシンゲはAFPに、「過去6カ月では、彼らが携帯電話に気を取られ、列車の来ることを聞かないで、15人の歩行者の死亡した。」と言っている。

また、2009年は携帯電話ユーザーがかかわっている死亡事故は5人しかいなかったと言い足した。

The Mobile Worldからの情報によると、スリランカは2009年1,470万人の加入者で、人口侵入レベルで70%以上になったと報告している。

一昔前の映画のような世界がスリランカでは今も起こっていて、そこに突然携帯電話が入ってきた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE