on-the-time.jp

2010-06-17

モバイル・ブロードバンドの経済的重要性。

Cellular-Newsは、最新の2つの報告が、オーストラリアの生産性を上げることにおける、モバイル・ブロードバンドの急速に成長する重要性を強調して、十分なスペクトルが適切なバンドで移動体通信産業に割り当てられないなら、将来の経済的利益が下げられると警告したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ブロードバンド、コミュニケーション、およびデジタル経済のための大臣(The Minister for Broadband, Communications and the Digital Economy)で、上院議員のスティーブン・コンロイ(Stephen Conroy)はAMTA(アムタ/Australian Mobile Telecommunications Association)によって任命されたキャンベラ議会で2つの最新の報告を始めました。

Access Economicsレポート「Economic Contribution of Mobile Telecommunications in Australia」によって、移動体通信産業が昨年モバイル・データ・サービスの急速な浸透で、モバイル・ブロードバンドを含んだ、全体の経済の向こう側に生産性上昇を提供して、オーストラリアの経済にオーストラリア$174億貢献したことが判った。

レポートでは、モバイル技術の主要な生産性のエネイブリングである役割で、オーストラリア$107億が間接的にあったと書かれている。
それは同時に、2008-09年の流れで、より広い経済は産業の経済への直接的影響であったオーストラリア$67億と比較された。

Access Economicsレポートによって、国内総生産(GDP)へのオーストラリア$107億の間接的な貢献が、結果としての過去2年間の急速なモバイル・データが浸透する大きい生産性上昇でオーストラリア$30億、またはおよそ40%でオーストラリアの経済にかなり成長したのが判った。

Access Economicsレポートは、
「モバイルデータは産業のますます重要なコンポーネントです。」
「アクセス経済予測は、モバイル・ブロードバンドの契約件数の総数が2012年に人口サイズで50%を通過して、モバイル・ブロードバンドの加入者が来たる年の間かなり成長することを示した。」と言っている。

2番目のレポートとして、「2.5GHz in Australia: The future deployment of mobile broadband services(オーストラリアの2.5GHz: モバイル広帯域サービスの今後の展開)」は、新しいスペクトルのモバイル・ブロードバンドとして700MHz(デジタル・デバイド)と2.5GHzバンドの生産性と役割の間で、ネットワーク・ストラテジーによって引き受けられた関連性を調べている。

レポートには「2013年から2020年の間のモバイル・ブロードバンドが総計の生産性利益を約オーストラリア$1430億であると見積もった。」
「この可能性の現金化は適切なバンドにおける適用範囲と容量の両方をアドレス可能な市場に提供できるくらいのスペクトルの有用性を必要とする。」と書かれている。

それは、2020年までに安定成長シナリオの下で別の630万データカードに伴う受話器におけるおよそ2000万のモバイル・ブロードバンドの契約件数になると予測した。
モバイル・トラフィックにおける強い成長は、2014年までに13億6000万ギガ・バイトに達すると予測している。

また、ネットワーク・ストラテジーは、総計の生産性が、700MHz/2.5GHzの組み合わせによる2つの新しいスペクトル帯から、2013年から2020に、オーストラリア$620億の領域になると報告している。

アムタCEOクリス・アルタウス(Chris Althaus)は、ピーク産業体がメンバーと政府と共にモバイル・ブロードバンドの要求における空前の成長のバックグラウンドに対する主要なスペクトル政策問題に緊密に取り組んでいたと言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.