AD SPACE

2010-06-19

カナダのスタンガンの死は「正当化できない」

BBC Newsは、カナダの警察官はポーランドの移民にテーザー銃を使用し、死亡した事件で、その行為が正当化できないと判断したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

英語を話さなかったロバート・ディゼンゲンスキー(Robert Dziekanski)は2007年にバンクーバー空港で、テイザー銃(Taser gun)で5回気絶させられた後に、死亡した。

検察司令官は、特別な検察官がかかわった4人のオフィサーに対して可能な刑事責任を調べると言った。

この事件は、死亡しないと言われたテイザー銃で起きた死亡事故として暴挙を書き立てた。

40歳であったロバート・ディゼンゲンスキーは彼の母親が住んでいたカナダに移住し、初めての旅行であった。

彼は、10時間バンクーバー空港で姿を消し、職員によって母親がそこに彼がいなかったと言われたとき、困窮するようになった。

彼がコンピュータといすを投げた後に、空港の労働者は、警察に電話をした。

査問委員会の代表トーマス・ブレイドウッド(Thomas Braidwood)は、要求されていたように警察がテイザー銃を使用する際に正当化されていなくて、またロバート・ディゼンゲンスキーがオフィサーへの脅威を引き起こしていなかったと言った。

彼は、5つの急激な動揺と警察との続く戦いが「実質的に、ロバート・ディゼンゲンスキーの死につながった」と言った。

傍観者によって撮影されたビデオが、報道機関で公表された後に、問い合せはセットアップされた。

ブレイドウッドは、ビデオが「世界中の人々にショックを与えて、攻撃した。」と言った。

以前、伝えられるところによれば、死亡したロバート・ディゼンゲンスキーは、警察官に、「あなたは気がおかしくなりましたか?」
と尋ねた。

カナダ騎馬警官隊のコミッショナーであるウィリアム・エリオット(William Elliott)はロバート・ディゼンゲンスキーの母親ゾフィア・シソブスキー(Zofia Cisowski)に謝罪した。

彼は記者会見で、
「私たちの政策とトレーニングは不十分でした。」
「私たちのオフィサーの動きは不適当でした。」と言った。

この事件にかかわったオフィサーのひとりは、調査のため彼らの職務で既に、他の3が残っている別々の事件から排除され、もう「最前線の取り締まり」に伴われません、と彼は言った。

まさに、ビデオによる世間の声が、新しい判決を作り出した事件であった。
これまでなら、警官の正当化が認められ、うやむやにされていたことだろう。

そして、テーザー銃の神話も、崩壊した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE