AD SPACE

2010-06-17

どうなるギリシャのモバイル事業Wind Hellas!

Cellular-Newsは、ギリシアのモバイル・ネットワークWind Hellas(Wind/Αρχική Σελίδα/WIND Hellas Telecommunications S.A)は、政府の厳しい状態にに続いて起こった売り上げの不調が明らかになった後に、債権者との会談を始めたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

過去2カ月、1年前に同じ期間の収入で、27%低下した。

EBITDAはされに酷く、半分の2520万ユーロになった。

Wind Hellasは、「4月のギリシア政府の緊縮政策開始は、さらに大きな影響を与えて、Wind Hellasの資本構成に重要な追加圧力を加えています。その流動性と契約を含んでいます。」と言っている。

株主との会談で、Weather Investmentsとして、エジプトの億万長者ナギーブ・サビリス(Naguib Sawiris)Sによって制御されることが話し合われている。

先月、ナギーブ・サビリスは、会社のために債務再編を除外できないことを示した。
Wind Hellasの腸にたまったガス「負債18億ユーロ」をいかにしてガス抜きするか。

債権者との議論に関してアドバイスするためにモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)、ホワイト・アンド・ケース(White & Case)、およびカラザス・アンド・パートナーズ(Karatzas&Partners)を雇った。

昨年、シェアの損失をもたらし、減少している財政的な柔軟性が、有効な競争を防いだとき、会社は戦った。

また、消費者への経済的圧力と2009年にMTRで切られた20%に結合し、ARPUsの急落をもたらした。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.